読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應商学部の1年生が苦労する授業1位微積分

微積分Ⅰ・Ⅱ

毎年商学部の1年生を苦労させている授業。

そう、必修の「微積分Ⅰ・Ⅱ」です。

あまりにもできない人が多いため(?)、春学期に微積分Ⅰの単位をできなかった人が秋に履修するフォローアップなる授業が用意されています。

彼らは、1年の秋に皆が「微積分Ⅱ」を受けているころに、「微積分Ⅰ」のフォローアップを受けて単位を回収し、2年の春に「微積分Ⅱ」を履修します。

何が厄介というと、語学や他の必修科目と同様、先生による当たり外れが大きいのです。

すごく楽に単位取得できる先生に当たった場合はいいけれど、厳しい先生に当たった場合はしっかりと勉強する必要があります。

もちろん過去問が出回っていたり、出席さえできていれば大丈夫だったりするわけですが、それでも苦手な人は結構苦労するみたいです。

自分のクラスが分かったらまず、自分の微積の先生が「エグい」先生かどうかチェック!

また、数学が本当に苦手な人は、2年次の必修科目「統計学Ⅰ・Ⅱ」でも数学を使うので、1年生のうちに数学に対する苦手意識をなくしておきましょう。

「再履修」になったり、「来日」になったりすると色々と面倒なので!

逆に、数学が得意な人は「線形代数」や「確率論基礎」といった少し発展的な(?)授業もあるのでチャレンジしてみるとよいかもしれません。

ところで、何の説明もなく「来日」とか使っていますが、一応塾生用語だったりするらしいです。

知らなかった人はこの機会に覚えて、友人に向かって知ったかぶりして使ってみてください。